<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ようやく落ち着いたのか? | main | 今週の総括。 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

5月はやはり5月だった。


JUGEMテーマ:株・投資



本日で5月も終了と。


いやぁ・・・


あれだけ脅威の上げ方をしてきた日経平均も
アベノミクスだのなんだの言われてきたけども・・・


メイちゃんは強かった(震え声


ついに、連続できていた月足の陽線がここで途切れました。
それも、一番嫌な長い上髭陰線。


5月は売り、セルインメイと散々言われているのに
これだけ環境がいいんだからと舐めていましたね。
やはり、過熱感はあったということか。

それにしても、売られ方が半端じゃなかったですね。
先物の動きも異常な感じがしましたし。

あとは、為替の方も怖い位置に来ていますね。
なんとか、為替だけでも大台は死守して欲しいものですが。



さて、とりあえず株価の動向です。
本日で5月も終了。
5月の値動きとしては
始値13,837.72円 (5/1)
最高値15,942.60円 (5/23)
最安値13,555.66円 (5/30)
終値13,774.54円 (5/31)
このような値動きとなり、月での値幅は2,386円と。
23日までは、ほぼ一本調子で上げていましたが
23日の暴落以降は、わずか7営業日で5月の上昇分を消し去りました。

セルインメイ、恐るべし。

ただ、これを調整と見るかどうかですね。
今まで冷ます機会が全くといっていいほど無かった訳で(4月の頭くらい?)
これで今日の上昇をもって一息つけたのではないか?という意見もあれば
窓が開いている4月4-5日の12,600-12,800円付近を埋めに行くのでは?
という意見も出ております。
下に行くほうになれば、ここからさらに1,000円以上も下げることになりますから
これは下がるとなると追証売り・パニック売りが大挙として出るでしょう。

日経平均の日足25日平均線は割ってしまいましたが、
週足・13週平均線で辛くも踏み止まっており、本当の踏ん張りどころです。

先物がイマイチよくない動きをしておりますので
厳しいことには変わりありませんが、ここらで踏み止まらないと危ないですね。
本当にアベノミクスや、景気上昇期待が無くなってしまうかもしれません。


とにかく、投資をされている方にとっては、反転の兆しが見えてこない限りは
キャッシュポジションを高めに取りつつ、銘柄の入れ替えを随時行って
できるかぎり損失を最小限にしていかないといけませんね。

かくいう私も、キャッシュポジションをある程度とりつつ
高値で掴んだところを、低いところで掴んで少し上げたところで相殺と
なんとかして高値を外す作業をしております。



つづいて為替の動向です。
今月頭にドル円100円を突破して、安泰かと思っていたら
株式市場の暴落で円高方向に動いております。
ドル円=100円、ユーロ円=130円は割らないで欲しいところ。
現状はなんとか盛り返してきていますが、監視は怠らないように
しておきたいですね。
現時点では
ドル円=100.9円
ユーロ円=131.0円
以上のように動いております。



来月は、波乱が少なければいいのですが。
まずは、週明け6月初日の市場の動きに注目です。
untouchable * 投資のお話 * 22:54 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 22:54 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ