<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< それはないよ〜。 | main | 悶絶。これはあかんやつがきた。 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

一週間の総括と。


JUGEMテーマ:株・投資



今週は、まぁいろいろと大変でしたね。
どこかへ遊びに行ってたセルインメイちゃんが、
ここにきてまさかのおかえりなさい。

水曜日までアゲアゲだった株価が一気に沈むかと思いきや
週末金曜日は持ち直すという。

いわゆる主力株はまぁまぁ堅調だったと思いますが
個別株のほうは乱高下で阿鼻叫喚といったところでしょうか。

相場自体は悪くはないと思うんですよ。
ただ、急速な上げ幅なだけに、どこで梯子外されるかがわからないのが
非常に怖いところであって、それが水曜・木曜であったわけで。

こういうときこそ、キャッシュポジションの状況や、保有株の割合などで
上手く動けるかどうかになってきますね。

私は、今回キャッシュポジションをかなり多めに取っておいたために
個別株の暴落には微動だにしませんでしたし、ちょこちょこっと
押し目を拾うことができました。
(微動だにといっても、保有益は減りましたよ)

全力でいけば確かにもっと儲かるのかもしれませんが
今回のようなことが起きると、追証発生⇒処分売り⇒投売りといった
危うい連鎖になりかねませんからね。
上昇ピッチが早いときほど、少しずつキャッシュポジションを高めておく。
下げたときに拾ってみるというのを実践できれば
全力よりかは利益は少ないかもしれませんが、大きく負けることはないかと。



それでは、今週の株価の動向。
やはり、為替が大きく円安に動いているのが好感されてますね。
その流れを引き継ぐ形で、急上昇を見せています。
先週末の終値が14,607円でした。
ここから水曜日には15,000円台を突破してきました。
今週末の終値としては、15,138.12円と大台を維持していますね。

しかしながら、水曜日の日経平均の急速な上げ幅を尻目に
個別株については、水曜日から木曜日の前場にかけて急落。
資金の流れが一時的に主力株に大量に動いたようです。

これまで好調を維持してきたバイオ・不動産といったところが総崩れに。
その後は反転しておりますが、かなり怖い動きをしております。

そういった中で、急速に上げ幅を伸ばしている銘柄ももちろんあります。

下がったら買う。上がったら売る。
これは鉄則ですが、なかなか難しいものです。




続いて今週の為替の動向。
悪くない動きですね。
先週にドル円100円の大台を突破して以降、安定した動きです。
緩やかなのかは分かりませんが、円安に動いてますね。
先週末⇒今週末で見てみますと
ドル円=101.58円⇒103.18円
ユーロ円=131.97円⇒132.43円
このような動きになっておりますね。
節目を越えましたので、ここから先はさらなる急激な円安には警戒。
一番いいのは、この近辺でとりあえずはもみ合ってくれればいいんでしょうけど
果たしてどのような動きになっていくのか。




木曜日の午前中に拾えた人はホクホク顔ではないでしょうか。
さすがにびびってしまって、ほんのわずかしか拾えませんでした。
まぁ、色々と事情があってキャッシュポジションを高めにしておかなくては
いけなかったこともあるのですが。

来週からもじっくりと取り組んで、確実に利益を取れるように頑張りたいものです。
untouchable * 投資のお話 * 18:14 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 18:14 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ