<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ついに釘を刺されたか。 | main | いったりきたりと。 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

なんとか乗り切ったか。


JUGEMテーマ:株・投資



開始早々危うかった。
思わず、割れるんかこれ??とおもったくらいでした。

為替の動きがかなり厳しい。
もう少し持ちこたえてくれたらよかったものの、指標の悪さや
円安に釘を刺されたりすると、どうしようもないですね。

それでも、ぎりぎりまで迫った後は、徐々に戻しての小幅減。


昨日のブログで語った通りになりそうでびくびくしておりましたが。




それでは、本日の株価の動向です。
昨晩・・・というより深夜ですね。
NYダウが低調だったこと、そしてなによりびっくりニュースとして
アメリカ・ボストンでの爆破テロ事件が発生。
これを受けて、リスク回避の円買いが強まり、一時ドル円が96円割れに。
なんとか戻して、昼からは徐々に円安に向かったので
とりあえず一安心だったのですが、早朝の円高がもろに直撃。
前日より250円近く下げてのGDスタートとなりました。
その大幅なGDスタートにより、寄り付き直後に13,004円をつけるなど
下値抵抗ラインといわれていた13,000円を割り込むのではないかという
ところまで下げました。
しかし、そこからは為替も落ち着きを取り戻し、円安方向に動き出すと
日経平均も徐々に下げ幅を縮小する格好に。
終わってみれば、前日より54円マイナスの13,221.44円で取引終了。
なんとか小幅減でひとまず終わりました。
前日のブログでは、さらに大きく下げることは無いと見るが、
為替が大きく動けば別で、13,000円付近まであるかもと書きました。
結果、為替が大きく動き、13,000円付近まで来てしまいました。
最悪の事態(13,000円割れ)は避けられましたので、ひとまず安心
なのですけども、いやはや・・・怖い動きでした。

黒田バズーカ砲の窓はさすがに埋めれないと思います。
となると、その後の急上昇の窓埋め&調整はある程度出来たものと
考えます。
現時点で、日経先物も終値より100円以上のプラス。
アメリカの経済指標結果が気がかりですが、NYダウも大きく下げてましたので
そろそろ、プラスになる頃合いではないかと思われます。
となると、明日は水曜日。株が騰がるぞ水曜日。
そう上手くいくかは分かりませんが、それでも、これだけ大きく下げたあとですから
反発の下地はできたものと思っております。




続いて為替の動向です。
NYダウの低調、そしてボストンの爆破事件を受け、急速に円高に動きました。
ドル円は一時96円割れ、ユーロ円も一時125円割れと、厳しい状況に
なってしまいましたが、その後は押し目拾いもあり徐々に円安にもどりました。
午後に入ってからは、円安の動きに力強さが戻ってきまして
昨日の夜中あたりからの急落前の水準まで、戻りつつあるようです。
現時点では
ドル円=98.0円
ユーロ円=128.7円
以上のようになっております。
ひとまず、リスク回避の円買いは少し収まったものの、指標等が悪ければ
円買いを誘発しますし、今回のボストンの事件や北朝鮮情勢など
気になることがてんこ盛り。
そのあたりが落ち着かないことには、一喜一憂相場が続くかと。
なんとか持ちこたえて欲しいものですが、こればかりは外部要因ですので
うまくいくように祈るしかないというのが実情か。




昨日もブログで書きましたし、散々他の日でも書いてますが
あれだけの上昇相場で全力で行き過ぎると下落時にダメージがでかいと。
最大でも投入可能資金の7割程度で運用して、下落時に1,2割を投入。
上がればすぐ捌く。
このようにしておけば、昨日・今日のような下落相場で慌てなくてもよくなります。
私も、ようやく先日までの上昇時にポジション整理ができたおかげで
7割付近での運用が可能になり、今回の下落時でもそこまでのダメージは無く
逆に、押し目を拾うことができました。
明日以降、上げていけば早めに捌こうとも思っています。


余力があれば、ゆとりある運用と銘柄選択ができるので、落ち着いて行動できます。
是非、皆さんも全力で行き過ぎず、ゆとりをもって運用していただければと
思っております。

untouchable * 投資のお話 * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 22:00 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ