<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やはり一服。 | main | 警戒は続く。 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

循環物色がそこまで?


JUGEMテーマ:株・投資



昨日、下げはしなかった(○銭程度なので)日経平均。
ひょっとしたらこれが若干の調整になったかもしれません。
ということで、今日は終日堅調な動きを見せていました。

そして、日経平均銘柄から個別株への物色が進んでいます。
そんな中、恐ろしい銘柄が文字通りの暴騰をしております。

ランド

少し前には粉飾絡みで株価が急落し、一時2円3円といったところを
うろうろしていた俗に言う「超ボロ株」でしたが・・・
なんと、ここに来て30円をつけてきました。
前日の終値は15円。そして今日は30円。
そうです・・・なんと株価が倍加しております。

もう、正直このような目も当てられない銘柄までが暴騰し出すと
この先どうかと考えると・・・ちょっと危険な香りがしてきます。

特に今日は水曜日。
アノマリー的に株が騰がるぞ水曜日。
ということは、明日は調整か??

確かに、全体的にも長期上昇相場に突入していると感じます。
ただ、やはり期待先行という感は否めません。

そろそろ実績を伴った物色というのも始まってくるかと思います。
そうなったとき、ランドのような感じで勝負をすると・・・
きっと壮絶なババ抜きで大火傷を負うことでしょう。

ここからは、しっかりとした銘柄選別が重要になってくるのではないでしょうか。



それでは、本日の株価の動向です。
為替も安定しており、昨日が下げなかったとはいえ調整に似た状況。
NYダウも上昇していたこともあり、今日は堅調な推移となりました。
銘柄もかなり幅広いところで買いが入ったようで
今まで上げていなかったところなどもじわりじわりと上げてきております。
前日より95円プラスの13,288.13円にて本日の取引終了です。
値上がり1,067銘柄、値下がり560銘柄、変わらず86銘柄と
意外にも値下がりしている銘柄がそこそこあるといった状況でした。
外資系注文状況も差し引き1,000万株近い買い越しとなっており
ある程度下げてきたところでも下値を拾う底堅い地合いが続いております。

朝鮮半島情勢が緊迫している状況の中、上値では利益確定売りが散見されるが
景気敏感株や外需株など、出遅れているところでの買いが入っており
循環物色がしっかりしているのでは?と市場談。

決算発表なども出てきており、そのあたりの結果次第でも動きが出ていますが
日経平均で見る限り、下値は13,000円で底堅く推移するのでは
ないでしょうか。
しかしながら、朝鮮半島情勢の状況によっては大きく動く可能性もあり
外部環境には依然注目が必要です。



続いて為替の動向です。
比較的午前中から夕方にかけては安定しておりました。
夕方以降、そろりそろりと円安に動き出したものの
黒田日銀総裁の談話の発表で一時急速に円高方向に動きました。
しかし、その後アメリカFOMC記事要旨の前倒し公表にて
アメリカの量的緩和解除観測などが浮上し、再び円安に戻しました。
現時点では
ドル円=99.5円
ユーロ円=130.2円
以上のように推移しております。
ついにユーロ円が130円台に到達。
そして、ドル円も100円台が間近に迫っており
一応の目安と言われているところにきております。
株価も13,000円台に乗せていますし、ここからは期待先行から
実績での評価に移っていくかと思います。
株価についてはもみ合いながら上昇が一番良いのですが
為替については、一旦このあたり、ドル円100円、ユーロ円130円
での安定的な動きで様子を見つつ今後の各企業の業績動向を
見届けてからの動きとなればいいのかなと、個人的には思っております。





それにしても、超低位株などが暴騰し出すと怖いものがあります。
一説には超低位株が上がると、相場環境が変わるとか。
ただ、今までが低すぎたという見方もありますし
長期的に見れば、おそらくは全体的に上昇相場だと思いますので
ギャンブル的なところは外しつつ、うまく銘柄を選んでいけたら
いいかなと思います。
untouchable * 投資のお話 * 23:04 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 23:04 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ