<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< つ・・・強すぎるぞ。 | main | 循環物色がそこまで? >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

やはり一服。


JUGEMテーマ:株・投資



昨日のNYダウは反発上昇していて、為替の方も円安に動いていたのですが
さすがに買い疲れ感が出たのか、その後の為替の軟調が響いたのか
兎にも角にも、今日は一服といった感じでした。

1,000円以上上げていたらやっぱりそうなりますか。

まぁ、売りも買いも両方こなして上昇してくれたら一番良いのです。


なにやら朝鮮半島情勢が緊迫しつつあるようで。
言いたい本音はありますが、ここはグッとこらえて・・・
とりあえず早いところ沈静化して欲しいですね。



それでは、本日の株価の動向です。
昨晩からさらに為替が円安に動いたことと、NYダウが反発したこともあり
100円近く窓を開けてのGUスタートでした。
しかし、さすがに短期急上昇だったせいか、その後は売り物に押される展開。
前場は前日からプラスの状態で終了しましたが、後場に入ってからも
さらに売り物に押される展開が続き、終わってみれば
ほぼ昨日と変わらずの13,192.35円にて終了です。

短期的な高値警戒感から、上値が重くこの急上昇で利益を確定させる
売りなどが出てきていることから、調整の様相が出てきつつあります。
ただ、下値では出遅れた投資家が買いを入れるなど
ある程度は底堅いとも見られており、急落はないにしろ
13,000円割れににせまる調整もありうるとの見方も。
為替次第ということもありますが、そろそろ円安などの金融緩和で
上昇するのも限界が近づいてきているのかもしれません。
ぼちぼちと、各指標関係や企業業績の実情を踏まえた相場に
移行していくのではないでしょうか。



続いて為替の動向です。
ほぼ材料は出尽くした感が否めません。
朝方にかけてさらに円安に動きましたが、その後は手がかり難で
軟調な推移となりました。
現時点では
ドル円=99.0円
ユーロ円=129.2円
以上のようになっております。
もちろん、欧州情勢や朝鮮半島情勢など外部要因で動くことは予想されますが
国内に関しては材料出尽くしでしょう。
あとはこのまま緩やかにドル円=100円、ユーロ円=130円に
乗るかどうかというところでしょう。
一時は、到達するには時間がまだまだかかるのではと思われていましたが
日銀会合以降、そのような心配はなくなりました。
まぁ、ただ急激な動きですからその反動も片隅に入れつつ
このまま大台に向けてじっくり動いて欲しいところですね。



不動産・金融と強烈な上げをしておりましたが、今日はそこも一服。
一時はどうかと見られていた為替も円安に動いておりますから
これからは輸出関連株などもしっかりと確認をしていき
次の銘柄探しをしていけたらと思います。


untouchable * 投資のお話 * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 23:19 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ