<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 寄り天。 | main | やはり一服。 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

つ・・・強すぎるぞ。


JUGEMテーマ:株・投資


先週の木曜日、文字通りの「黒田ショック」が発動。
バズーカ砲とも言われる日銀の異次元緩和が凄まじい勢いを
見せています。

バズーカ砲が発射される直前、先週の木曜日午前中の安値は
12,075円をつけておりました。
そこから、今日の終値まで2営業日と半分で
株価は1,100円以上値上がりし、為替はドル円が約6円ほど
ユーロ円にいたっては10円近くの円安。

為替はようやく落ち着きを見せ始めていますが、それでも
この一気の動きは売り方さんにとっては破滅の道といったところか。


買い方でも買いそびれて地団駄踏んでいる人もいたりとさまざま。


私は・・・地団駄踏んだ人です。


それにしても、約3営業日でこれだけの動きをしたら、明日以降が
若干怖い感じもしますね。
じっくりと動きを観察しなければいけません。



それでは、本日の株価の動向です。
先週末から引き続き、日銀緩和の余波が続いております。
朝一番の為替がさらに円安に動いたことにより、株価のほうも
先週末の終値から250円ほど上げてのGUスタートでした。
その後も堅調な動きを見せて、引けにかけてさらに上昇し
先週末終値から358円プラスの13,192.59円にて終了です。
東証1部の業種別株価指数は全業種が上昇。
値上がり1,530銘柄、値下がり125銘柄、変わらず58銘柄と
ほとんどが値上がりに転じるなど、全体的に強い相場でした。
海外勢からの買いも強く、寄り付き前の外資系証券会社の注文状況は
差し引き1,920万株の買い越しと買いがかなりの優勢でした。

連日の高値更新で、終値ベースの13,000円台回復は
約4年7ヶ月ぶりと上昇に上昇を重ねております。
弱気になる場面ではないと思うのですが、これまで長い間
このような上昇とは無縁な方が多かったと思います。
高値掴みにならないかとか不安になるのが普通ですよね。

概ね、為替と日経先物、そして寄り付き前の外資系注文状況
このあたりでの判断で、ある程度は予測が付くのではないでしょうか。
今日であれば、朝一番の為替が大きく円安に動いたので
不動産、金融、その他金融などが動きやすいというのが見えてくるかと。
このあとは、為替が大きく動けばそれに連れて動きますし
為替が横ばいでいけば、物色の矛先があちこちに向く、循環物色が
行われてくるのではないかと思います。

上がったものは仕方ない。
出遅れているもの、次に回ってきそうなもの、そういったところを
上手く探すことができれば、効率よく回すことができるでしょう。
そこが大変難しいところですがね。



続いて為替の動向です。
朝一番の為替市場、日銀緩和の余波そのままに、大きく円安に
振れてのスタートとなりました。
その後は概ね横ばいの動きでの取引になっているようです。
現時点では
ドル円=98.7円
ユーロ円=128.5円
以上のようになっております。
先週中ごろはドル円が92円台、ユーロ円が119円台でしたので
ものすごい動きですよね。
FXされてる方はびっくりされているんではないでしょうか。

今後は、今回の動きはないと思いますが
海外情勢の行方は、しっかりとチェックしていかないといけないでしょう。
当面のチェック事項としては
・朝鮮半島情勢
・欧州不安(ギリシャ・イタリア・キプロス等)
・アメリカ統計
ほぼ全部ですけどね。このあたりのチェックは必須です。



果たして、明日も上昇相場となるのか。
NYダウは続落の様子。ナスダックはもみ合いでややマイナスか。
日経先物はかろうじてプラスだが終了時はどうか。
確認ができるところはしっかりと見て、情報の整理をしていきたい。


untouchable * 投資のお話 * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 23:22 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ